豆知識

ひな祭りの豆知識

■桃(上巳)の節句・ひな祭りとは?■
 

赤ちゃんが生まれて、初めて迎える節句を初節句といいます。三月三日のひな祭りがこの日にあたり、正式には上巳(じょうし)の節句といいます。それは、古来中国から伝わった三月の初めの巳(み)の日という意味からですが、ちょうど桃の花が咲くころでもあり、お節句を祝うのにふさわしいことから、今では桃の節句という美しい名で親しまれています

■雛人形は、誰が買うのでしょうか?■
 
古くは嫁入り道具のヒナ型として婚家へ贈ったという歴史もありますから、お嫁さんの実家から贈られることが多いようです。しかし現在では、可愛い子供のためという意味から、両家で折半で買うこともあります。仲人、親戚や友人は、ケースに入ったわらべ人形や御所人形、市松人形などを贈るのが一般的です。

■雛人形は、いつからいつまで飾るのでしょうか?■

立春(二月四日)頃から二月中旬かけて、遅くても節句の一週間前までには飾りたいものです。季節の節目という節句の本来の意味を考えると、お節句がすんだら早めに、遅くとも三月中旬頃までの天気の良い乾燥している日にしまいたいものです。

■次女、三女が産まれたら?■

雛人形はその子供の成長と幸福を祈るお人形で、赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けているのですから、基本的には一人一飾りです神社のお守りを二人で分けることはしないのと同様に、母親の雛人形を譲り受けたり、姉妹兼用にすることは避けたいものです。お役目を果たされたお人形をお持ちの場合は、人形の供養祭が各地で行われておりますのでおさめるのもよろしいでしょう。

以上のしきたりは、もちろん標準的なものです。全国各地にはさまざまな風習、しきたりがありますので当然ご主人側の実家とお嫁さん側の実家とで違うことが考えられます。
お互いが良く話し合ってその違いを深く理解した上で楽しいひな祭りをお祝いください。

端午の節句の豆知識

■初節句とは■

男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日)を初節句としてお祝いします。正式には端午の節句といいます。

■身を守る鎧、兜■

大昔から長い武家政治の中で、鎧や兜は男子にとって非常に大切なものでした。それが今日では、その精神を大事にするためと、戦いの身体防護として、鎧、兜は身を守るという大切な役目を持っているため、五月人形として鎧や兜を飾る事が、男の子の誕生を祝い、無事に成長して、強く、立派な男となるようにとの家族の願いを意味します。つまり、鎧、兜が身を防いでくれて、その子に交通事故や大きな病気がありませんように、受験、就職、結婚など、人生の幸福に恵まれますようにという想いが鎧、兜にはこめられております。

■五月人形はだれが買うのか■

一般的には、お嫁さんの実家から贈るとされていますが、今日では、可愛いお孫さんのためにという意味で両家折半にするとか、跡取りという意味から、主人の実家からとか、鯉のぼりはお嫁さん側で、五月人形はお婿さん側に分けるとかなどではっきりとした基準はなくなりました。しかし地方によっては、その地方のしきたりがはっきり残っている場合もあるようです。又、仲人、親戚、友人は、脇飾りとなる人形(神武天皇や鐘旭、馬飾り、金太郎)などを贈ります。地方によっては鯉のぼりを贈るところもあります。

■お返しはどうしたら良いか■

仲人、親戚や知人等から初節句のお祝いを頂いたら内祝いとして、お子さんの名前でお返しをします。古くから、ちまき又は、柏餅が多く使われております。
但し、お祝いを頂いた方をお祝いの席に招待すればお返しの必要はありません。

■端午の節句のお祝いは■

本来は、5月5日の当日又は5月4日の晩にお招きします。なるべく5月5日過ぎは避けましょう。
両家の両親やお祝いを下さった方や友人を招きます。

■菖蒲とは■

菖蒲は、男の子にふさわしい「勝負」や「尚武」に通じている事と、又このシーズンに咲く事から端午の節句には欠かせないものとなっています。

■次男、三男が生まれた場合は■

その子が無事に、立派に成長するようにとのお祝いであり、五月人形は赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けている事から、基本的に五月人形は、一人一人のお守りなのです。神社のお守りを割って二人で分ける事はしないのいと同様に父親の五月人形人形をゆずり受けたり、兄弟兼用にするのはおかしな事なのです。できれば兄弟平等の五月人形が望ましいですが、次男、三男の場合には、小ぶりの兜飾りなどを、その子の無事の成長を祈る意味で準備されてはいかがでしょう。
五月人形やこいのぼり等、いただいたものはその子が大人になった時(成人式)で、役目は一応終わったと考えられます。全国各地で人形供養が行われておりますので、供養を受けてからおさめてもらいます。

以上のしきたりは、もちろん標準的なものです。全国各地にはさまざまな風習、しきたりがありますので当然ご主人側の実家とお嫁さん側の実家とで違うことが考えられます。
お互いが良く話し合ってその違いを深く理解した上で楽しい端午の節句をお祝いください。

雛人形

五月人形